2022年現在、4大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)が提供する格安SIMのプラン、ブランドにそれぞれ特色が出てきました。

格安SIMブランド登場当初は、各社一律横並びのような料金プランのイメージがありましたが、料金やオプション、その他サービスもそれぞれ差別化されてきています。

 

楽天モバイルiPhone 13シリーズ発売開始!

 

2021年9月24日より楽天モバイルでも、iPhone 13シリーズの発売を開始しました。

ラインナップは次の4種類になっています。

iPhone 13シリーズラインナップ

iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 Pro

iPhone 13 

iPhone 13 mini

 

iPhoneの本体価格も4キャリアの中で、楽天モバイルが最安値になっています!(9月24日現在)

また、13シリーズが新たに発売されたため、楽天モバイルでは旧機種についても値下がりされました!

 

楽天モバイル

▶今すぐ申し込む

ポイント還元キャンペーン実施中!

2021年1月楽天モバイルが新しい契約プランを発表しました。
Rakuten UN-LIMIT Ⅵがそれです。

Rakuten UN-LIMIT Ⅴからバージョンアップした今回の新プランは、なんとデータ1GBまでは月額0円の太っ腹な料金体系!

今ならさらに、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを実施中です!

競合するドコモ、au、ソフトバンクがそれぞれ格安料金になる新ブランドを発表したのに、対抗するものとして従来プランからさらにお得な料金体系になっています。

 

楽天モバイル

▶公式サイトを見る!

ポイント還元キャンペーン実施中!

 

楽天モバイルは0円~使える!料金プラン詳細

楽天モバイルのバージョンアップしたRakuten UN-LIMIT Ⅵの新プランでは、0円から使えるかなりお得な料金体系。

契約時に何GBプランとデータ容量を選ぶのではなく、毎月使ったデータ利用量に応じて月額料金が変わっていきます。

月末近くになって、容量が余りすぎたり、足りなくなったりの心配がいらないので使い勝手がいいですね。

データ利用量 月額料金(税込)
1GBまで 0円
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GB超過 3,278円

1GBまででしたら0円ですし、20GBを超えるとどれだけ使っても3,278円です。

 

楽天モバイル

▶今すぐ申し込む

ポイント還元キャンペーン実施中!

 

データSIMならイオンモバイルもおすすめ!

楽天モバイルやLINEMOなどでは、通話もできる通信サービスになっています。

でも、電話はまったく使用しないので、データ通信専用のSIMが欲しい方もいらっしゃると思います。

データ通信専用SIMを申し込みたい方には、2022年時点ではイオンモバイルがおすすめです!

イオンモバイルの料金プランについて、他社と大きく違う点が容量ごとに細かく料金プランが設定されているところなのです。

毎月5GB程度しか使わない方にとっては、楽天モバイルなら2,178円やLINEMOなら2,728円の料金がかかってしまいますが、イオンモバイルなら1,078円で済みます。

通話ができる音声プランでも5GBなら1,298円ですので、使う容量によっては多くの場合で安くすむのですね。

スマホで何時間も動画を見続けるので容量がどんどん無くなる方には、楽天モバイルなどの方が安くなるのですが、毎月20GB以下に収まる方にとっては、イオンモバイルの方が料金が安くなるケースが多いです。

また、イオンモバイルでは、余った容量は翌月に繰り越しが可能ですので、余った容量に応じて翌月の料金プランを少し低容量のプランに変更して料金を下げることもできます。

イオンモバイル

公式サイトを見てみる

1GB単位でプランが選べる!3GBなら858円

 

 

当サイト楽天モバイルの記事内容は執筆時点の情報になります。

料金、サービス、キャンペーン内容等随時変更になる場合があります。詳細については公式サイトをご確認ください。